• HOME
  • 日本一のきびなご

日本一のきびなご

東シナ海の速い潮に育まれた太くて大きなきびなご。
浜ならではの鮮度そのままにおいしいきびなごをご紹介します。
全国有数のきびなごの産地であるこしきでしか水揚げできない
極太のきびなごを是非ご堪能ください。

~甑島のきびなごが美味しい理由~

  • 季節・漁場・網で選別太くて大きな日本一のきびなご
  • 急速冷凍で3ヶ月続く抜群の鮮度
  • こしきならではの漁場で安定供給
  • 四季折々で異なる味覚が楽しめます

日本一の極太きびなご

手つかずの自然が残る甑島(こしきじま)の、岩場や浅瀬の多い島々の周辺では多くの鮮魚が水揚げされます。栄養豊富な漁場で育った魚は身質も良く、良質な旨みを含む鮮魚が育ちます。
なかでも自慢のこしき島のきびなごは、なんといってもその魚体の大きさ。
17節以上の大きな網目で漁をするので魚体大きなきびなごが水揚げされます。
体長は10㎝を超える大型で、他県と比べ1.3倍以上の大きさになります。
身も厚く、開いてお刺身・揚げてから揚げとさまざまな用途に対応いたします。

3ヶ月続く抜群の鮮度

甑島漁業協同組合のきびなごは、出荷から3ヶ月以上鮮度を維持することができます。
水揚げから出荷までの工程の中で、様々な工夫をすることで鮮度を維持することが可能になります。
  • 漁場から一時間以内に冷凍保存

    2つの水産加工場は浜から徒歩10程度の場所にあり、水揚げ後1時間以内に冷凍庫で急速冷凍することができます。通常の移動にかかる3~4時間を省略することができます。
  • 美味しさを引き出すプロトン凍結

    プロトン凍結を行うことで、細胞破壊が止まり解凍しても旨みやおいしさが流れ出ません。通常の凍結方法に比べて、約3倍も解凍後のアミノ酸減少を抑えることができます。
  • 下甑島は九州唯一の海洋深層水取水地

    原料であるきびなごの洗浄などに海洋深層水を使用することで、鮮度劣化を防ぐことができます。
    変色のスピードが遅くなり、色目の良さが持続します。

きびなご水揚げ量 全国No,1の漁場

栄養豊富な漁場
上甑島は遠浅の海が広がり、キビナゴの産卵場も多く確認されており、群れをなして泳ぐ光景が岩壁から見えるほどです。
また、豊かな自然に恵まれた東シナ海を漁場とした刺し網漁や定置網漁を中心に営まれています。また、磯近くでは鮑漁が行われ、すぐ沖では本まぐろの養殖も行われています。
年間500t以上の水揚量全国の水揚数量の20%以上を占める
現在、日本全国のきびなごの水揚げ量は約3,000t程度と推測されています。その中でこしき島では全国の水揚げ数量の約20%にあたる500t以上の水揚げ実績を誇り、日本有数の産地として知られています。

四季折々の変化を楽しめる

一年を通して安定した供給ができるこしき島のきびなご。季節によってさまざまな楽しみ方があります。
  • 春の子持ちきびなご
    下甑周辺では、大きな子持ちと白子を持ったきびなごが
    春の旬の時期に水揚げされます。
  • 秋の旨きびなご
    春先に比べて魚体は小さいですが産卵期でないため身に旨みが
    入り、春先とは違った美味しさが味わえます。

ご注文はこちらから

  • 飲食店様
  • 一般のお客様

九州東シナ海の美味しい魚を直送します

「きびなご」のことなら甑島漁協へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ・お見積りご依頼